FC2ブログ

Entries

XD:オーレコロシアム1

わざわざオーレまで来てくれたリーフ達は、
それぞれバトル山に挑戦したりダーク化したルギアをリライブさせるための研究に参加したりと分かれていった。
ずっと俺に付き添っていたミレイも、研究所の手伝いをするってことであっちに残っている
まあ手伝いといっても雑務だけだろうが……何かしていないと落ち着かないんだろうな
で、俺はといえば……わざわざローガンさんが用意してくれたオーレコロシアムに挑戦することとなった。
コロシアムはアゲトビレッジからは南西、パイラタウンからは北西の方角にある
二つの町村よりは海よりだが、周囲は砂漠化が進んでいてあまり人が寄りつかないような場所だ
「元々ここにコロシアムを立てる計画が昔あったんじゃよ。色々あって頓挫してしまったが……それをこうして再利用させて貰ったんじゃ」
まぁコロシアムを開くと言っても、流石に建造物まですぐに建てられる訳じゃないものなぁ
コロシアムは細長い五本の岩山を、まるで「指」に見立てたかのように建てられているため
ちょうど会場が掌に見えるようになっている
ここでのバトルは他のコロシアム同様4回勝ち抜けば優勝、という事になる
まあ優勝というか、趣旨が「オーレの英雄に挑戦」だからなぁ……
色んな意味で負けられないバトルがずっと続くって感じだな
挑戦者が何人もいるため、7セットに分けてくれている。
なので1セットごとにこちらのポケモンを入れ替えることも出来るんだが……
コロシアムだから観客もいるし、それにこういう実戦も久しぶりだし
ここは色んな奴隷達を出してやりたいところだな
まぁ手始めは……奴隷長、頼むよ
「初陣を任せていただき、光栄ですご主人様。その栄誉とご主人様の名に恥じぬ戦いをお見せいたします」
そんなに畏まることもないだろうよ、リザードン
お前ならシッカリ答えてくれると信じてるよ
「ありがとうございます」
さて、ダブルバトルだからもう一人……
「当然私でしょ、私でしょ、わーたーしーでーしょー!」
……ピジョット。リザードンは炎タイプだが飛行タイプでもある。バランスを考えれば……
「関係ない! 私が出るの! 出して、出して!」
ったく、図々しさに磨きが掛かってきたな……
「だって……奴隷長ばっかりで、私だってご主人様の……その……」
判った判った。ならここはお前に任せるから……だが状況を見てすぐに交代させることもあるからな
「うん、判ってる。ありがとうご主人様!」
やれやれ……後はまあ、ライチュウ、シャワーズ、コリンダ(ルージュラ)、それから……オコリザル、いけるな?
「はい、もちろんです!」
うむ、オコリザルのダーク化による影響はとりあえず心配なさそうだな
まず最初はこのカントー組でいってみるか
さて……今回のオーレコロシアムは他のコロシアムと違う点がある
まずバトル開始時にお互いに用意した6人のポケモンが誰なのかを公開し、
その中から4人のポケモンをエントリーすることになる
つまり相手のポケモンを見てどんな作戦を組み立ててくるのかを予測しながら
こちらのポケモンから誰を出すのかを考えなければならない。
さて1セット目最初の相手は……パラセクト、キノガッサ、ヤドラン、ルージュラ、ヘルガー、サーナイトの6人
……どんな作戦なのか、これだけじゃ読みづらいな
とりあえず……草タイプが二人いるし、氷タイプもいるし
予定通り先発はリザードンとピジョットで問題ないだろう
ヤドランが出て来たらちょっと厄介だが、まあそこはライチュウを加えることで対処するか
エスパータイプが3人いるから、オコリザルは今回見送るとして
ヘルガー対策にシャワーズを加えておくか
よし、こちらの4人は決まった。さてバトル開始だ。
相手の先発は……ルージュラとサーナイトか美女二人揃い踏み、目の保養にはなるなぁ
問題は……何をしてくるつもりなのかって事だな
エスパータイプが二人か……いや、ここはサーナイトが10万ボルトを覚えているかもしれないな
まず狙うはサーナイトから、だな
リザードンは熱風。ピジョットはサーナイトを翼で打て!
先手はピジョットが取れた。
とはいえ、特に弱点でもないためこれだけでサーナイトが倒れるはずもない。
続いて……相手のルージュラか。冷凍ビームがピジョットを直撃
だがこの程度で落ちるピジョットではない……が、それなりに持って行かれたな
不味いぞ……ピジョットを集中的に狙われてるとしたら次で落とされるか?
その前にリザードンの熱風……効いているが、相手二人ともこれだけでは倒れないか……
しくじったな。二人を同時に攻撃する熱風で欲張るよりも、サーナイト一沢に絞った方が良かったか
そして相手のサーナイトは……やはり覚えていたか、10万ボルト。
「ゴメン、ご主人様……」
いや、お前はよくやったピジョット。こっちの判断ミスだ。
……ローガンさんが選出した出場者だけはあるって事か。記念大会ってレベルじゃないぞこれは
ライチュウ、気を引き締めてかかれよ
「もちろんです。初戦からご主人様に恥なんかかかせられませんから」
ピジョットを落とされたが、相手は二人ともフラフラだ。さぁて、これ以上好きにはさせないぞ
まずはライチュウの電光石火でサーナイトを倒す。
ルージュラの冷凍ビームがライチュウを襲うが彼女はそれに耐え、
サーナイトの代わりに出て来たヤドラン共々リザードンが熱風でルージュラを焼き、倒す。
後はもうこっちのペース。
ヤドランをライチュウの10万ボルトで倒し、最後に残った相手のヘルガーをリザードンが翼で打つ。
それに耐えたヘルガーだったが、ここまで来れば勝負はもう見えた。
二人がかりでヘルガーに襲いかかり、無事1回戦目を勝ち抜いた。
ふぅ……この大会、甘く見てるとやばいな
かなり本腰で取りかからないと……ま、うちの奴隷達なら問題ないだろう。
事実、2回戦3回戦と、順調に勝ち進むことが出来た。
さて1セット目最後のバトルは……
「こんなところであうなんて、ぐうぜんね。こんどこそまけないわよ!」
……なんだその棒読み台詞は。
っていうか、お前研究所にいたんじゃないかの……ラブリナ!
「アハハ……ちょっと息抜きと、それともう一度ご主人様とちゃんとしたバトルがやりたくて」
だからってなぁ……
「ちゃんとクレインには話通してるから大丈夫。それにこのポケモン達は研究所から借りてきた子達だし」
……ったく、仕方のない奴だなぁ
だが別に今、こんな形じゃなくても良いだろうに……
「ダメ……今ちゃんと、キッチリ気持ちに整理を付けたいの」
……判った。そこまでいうなら相手をしてやる
「うん! 私だってちゃんとバトル出来るところ、見せてあげるんだから!」
ちゃんとバトル……か。
今までも借り物のポケモンでバトルをしてきたはずのラブリナ
バトル実力主義だったシャドーで、幹部をやっていた彼女は
本来は研究者だとはいえ、バトルの方も腕が立つはず。
そしてラブリナ自身バトルに少なからず思うところもあるはずだ。
シャドーを裏切り俺の奴隷になったラブリナだが、完全に気持ちを切り替えられたってわけでもないんだろう
脳天気な彼女だが、それでも思うことはある……か。
まあ実際は判らんけど……ラブリナじゃぁな。
なんにしても、全力で主の威厳を示してやるだけだ
さて……ラブリナが借りてきたというポケモンは
ツボツボ、ミロカロス、ソーナンス、ハピナス、ムウマ、メガニウム
コレは完全に防御型。状態異常で長期戦に持ち込む作戦か……
シャドーにいた頃と好む作戦は変わってないな。
ということは……おそらくメロメロを使ってくるな
そうとなれば、厄介なのは♂であるツボツボとムウマか
そしておそらく先手にソーナンスを出して、影踏みで交代できなくしようとするだろう
……ゴーストタイプか悪タイプの技が使える奴がいないな。ソーナンスとムウマが厄介になりそうだ
ひとまずここは、先発にシャワーズとピジョットで挑むか
そしてハピナス対策にオコリザル。ミロカロス対策にライチュウかな
さてラブリナは……む、ソーナンスは読み通りだったが、メガニウムを出してきたか
となれば……まずピジョットがメガニウムを翼で打つ
タイプ一致で効果は抜群だが、流石にメガニウム、耐えた。
そのメガニウムが宿り木の種をシャワーズに植え付けてきた。
やはり長期戦を想定しているな……ここはともかくソーナンスを無視してメガニウムか。
しかしソーナンスは攻撃をしてこない代わりに、甘えるでこちらの攻撃力を奪いやがる
繰り返されると厄介だぞ……本当にラブリナはイヤラシイ作戦が好きだな
別の意味でイヤラシイ女にしたのは俺だけど……なんて言ってる場合か。
ラブリナの作戦は、はまると厄介だが突破口を作ると意外と脆い。
ここはまず……あえてソーナンスに集中砲火。
ピジョットの翼で打つとシャワーズのハイドロポンプで一気にソーナンスを撃退。
メガニウムの草タイプ技を恐れていたが、再び宿り木の種を今度はピジョットに植え付けてきた。
もしかしたら……攻撃技を持っていないな?
まず相手を弱らせるための先発か。
そうと判れば……むしろメガニウムを無視すべきか
ソーナンスを倒したことで影踏みの影響から逃れることが出来たから
ここは一度二人とも交代させよう。ラブリナもミロカロスを出してきたしちょうど良い。
影踏みがあることで成立する作戦だったのだろう……ここからはこっちのペース
ミロカロスが影踏みの代わりに巻き付いてきたりもしたが、
ライチュウの10万ボルトでミロカロスを撃退。
続いてツボツボを出されたが、再び交代して登場したシャワーズによって撃退。
無視し続けたメガニウムには毒々なんかも放ってきたが
短期決戦に持ち込めたこっちとしてはもう問題ない。
毒状態になったライチュウに代わって再び場に出たピジョットの翼で打つと、シャワーズのオーロラビームでメガニウム沈黙。
無事、ラブリナに勝って1セット目を終えることが出来た。
「ちぇーっ! また負けるなんて信じられなーい!」
ま、実力の差だから仕方ないな。
だが……前にバトルしたときよりも強かったぞラブリナ
借り受けたポケモンの強さもあるが、それだけじゃないのは……お前も判っているか?
ただポケモンを操ればバトルに勝てるってもんじゃない
むろんポケモンがただ強ければ良いって訳でもない。
ポケモンをよく知り、そして作戦を組み立て指示を出す。
ポケモンはトレーナーの信頼を支えに、力を発揮する。
上手くかみ合えばそれだけで強くなれる……一方的な押しつけ時でも力押しでもないんだ。
「うん……ありがとうご主人様。おかげでスッキリした」
そうか……ま、これでお前の「更生」も完了、かな?
「調教じゃなくて?」
……調教は続けて欲しいだろ?
「もちろん!」
この変態が
「そんな風に「更生」したのご主人様じゃない」
まーな……さ、もうバトルは終わった。ルギアの方、頼むよ
「うん。それじゃ研究所に戻ってるねー……あ、そうだご主人様」
ん?
「あのね……更生終了記念に、お強請りしても、良い?」
なんだよ……言うだけ言ってみろ
「あのね……エネコロロを、私の「パートナー」にしても、いいかな?」
エネコロロを?
「うん。元々あの娘のおかげで、こうしてご主人様の奴隷になれたんだし、エッチの方も、あの娘にはまりっぱなしだし……バトルも、あの娘とならもっと上手くやって行けそうなの。ね、お願い!」
エネコロロがお前を受け入れるというなら、俺は構わんぞ。奴隷同士の絆にまで指図するつもりはないからな
「ありがとうご主人様! もうエネりんとは話つけてあったんだ! やったぁ! うふふ、これでずっとエネりんと百合百合できるぞぉ!」
……エネりん?
「うん、エネりん。私がラブりん」
……なんかメロメロ甘々な仲になってきたなお前達
「エヘへ、そんな褒められると照れちゃうな」
……まあある意味褒め言葉、か。
なんにしても、ラブリナがすっかり奴隷らしくなったのは喜ばしいことだな
バトルの方も、エネコロロと共にもっと強くなるだろうな、あの様子なら
まあラブリナの事は良いとしてだ……このオーレコロシアム、かなりレベル高いぞ
最初のセットでコレだからな……後6セット、かなり厳しいバトルになりそうだな
こりゃ気合い入れて取り組まないとな……
「そうとなれば、いよいよ我らの出番……という事だな?」
「よもやこの期に及んで遠慮しろ、などとは言わぬだろう?」
……まぁ最終的にはそうなるだろうが、もうちょっと待ってくれよ
観客もいるんだ。早い段階でお前達を出したら後半しらけちまう
そうだろう? ミュウツー、レックウザ
スポンサーサイト
[PR]

2件のコメント

[C34]

オーレは難易度高いですよねー
ほぼ全員のトレーナーがコンセプトを持ってるので楽しくはあるけどw
  • 2009-12-04
  • 投稿者 : 新ポケモン「ナナシ」
  • URL
  • 編集

[C35]

基本、自分はコンセプトとか「型」とかこだわらないというか
どんな相手でも対応できるようなパーティ編成をしてしまうので
オーレコロシアムは大苦戦していました
妄想日記のように上手くいってないのが現実ですよw
ちゃんと努力値の割り振りとかをシッカリしていれば
それでもいけるものなのかもしれないけどね
努力値もそうだし、技攻勢もダメダメなので……orz

実は、リアルの方ではようやくXD3周目のEDを見たところで
これからオーレコロシアムにも挑戦できるところまでデータを復旧できたのですが
……不安しかないw
  • 2009-12-06
  • 投稿者 : S-BOW
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ブログの説明

S-BOW

Author:S-BOW

このブログは、管理人がポケモンをプレイしながら脳内でポケモンを擬人化し、更にエロ妄想を繰り広げた半プレイ日記です。
基本的に脳内妄想をあるがまま文章化しているため、読みづらい点が多々あることをご了承ください。
また始めて読まれる方は、下記カテゴリーの「はじめに」をクリックして注意事項を一読くださると幸いです。
またエロい妄想はしていますが、ストーリーをなぞった形になっているので、エロシーンは一部を除きかなり薄めであることもご了承ください。
※18禁ブログです。18歳未満の方は閲覧しないようお願いいたします

最近の記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
本文:

リターンメールが欲しい方は、本文にアドレスを記載してください

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索